福岛事故后台日エネルギー政策の変换と原子力协力

点击数:1 借阅数: 0

作者:谢牧谦 ; 石门环编

出版社:国立台湾大学出版中心

出版年:2017

出版地:台北市

格式:PDF

ISBN:978-986-350-234-0 ; 986-350-234-0

内容简介

福岛事故后,台湾为何与日本相反、走向「非核家园」的道路?
 
311福岛核事故、迫使台日两国的能源政策面临重新检讨。事故后,日本政府将「核能定位为重要的基载电源」、并推动核电再运转。但在台湾、因福岛核事故激励了民间的反核运动、遂使2016年5月就任的民进党蔡英文総统、宣布决定2025年达成「非核家园」的政策。
 
本丛书收录福岛事故前后、台日两国能源政策转变过程有关的论文和台日核能交流的实绩以及论述两国今后核能合作方向的文章共16篇。其中主要论文为2014年本中心在台北举办「第31回中日工程技术研讨会」的「能源政策人文产业组」中発表的论文,及2015年日本《Energy Review志「台日核能安全合作」专集》中刊载的文章。
 
日本与台湾同为缺乏能资源的国家,地缘政治上两国亦属生命共同体。但是福岛事故后,台湾与日本相反、走向「非核家园」。究其原因为(1)国民对核能安全的疑虑高涨和(2)迎合大众的民粹政治上、有两国文化的差异性而引起。但今后(1)核廃料処置(2)核电厂除役及(3)民众共识的建立等是两国共通的问题、在此领域两国应相互深入理解、并互相合作。本丛书的出版寄望有助于今后台日两国在能源领域的合作。
 
311福岛原発事故は、日台両国のエネルギー政策の抜本的な见直しを迫られた。事故后、日本政府は「原発を重要なベースロード电源」と位置付け、原発再稼働を进めた。台湾では、福岛事故により、原子力反対の世论が高まり、2016年5月総统に就任した民进党の蔡英文氏は、2025年までには「ゼロ原発」の方针を决定した。
 
本书は福岛事故前后、日台両国のエネルギー状况とエネルギー政策を巡る変迁経纬に関する论文および日台原子力交流の実绩、更に今后両国の原子力协力のあり方について论述した文章を16编収めたものである。その主な论文は2014年、台北で开催された「第31回中日工程技术研讨会」の「エネルギー政策人文产业组」で発表されたものと2015年、『エネルギーレビュー志「日台の原子力安全协力」特集』に掲载されたものである。
 
日本と台湾は同じくエネルギー资源に乏しく、地政学的にも両国は一莲托生の関系にある、しかしながら福岛事故后、台湾は日本とは逆に「脱原発」に走る。その背景には(1)原子力発电に対する国民の不安の高まりと(2)ポピュリズム政治等に両国文化の差异性に起因する。但し、今后(1)放射性廃弃物処分(2)原発廃炉措置(3)国民のコンセンサスなどについては両国共通の问题であり、この分野において相互理解を深め、お互いに协力すべきである。本书が今后エネルギー分野の日台协力に役立てれば幸いである。

编者简介
 
谢牧谦(しゃ ぼくけん)
 
台北工専化工科毕(1957)、日本东北大学工学博士(1969)。现任台湾大学、辅仁大学兼任教授、中华核能学会(CHNS)、核能资讯中心(NIC)、台湾核能级产业発展协会(TNA)及核能科技协进会(NuSTA)顾问。専长为核子化学工程、核燃料循澴、能源政策、环境保护。1971-2002年任职行政院核能研究所、担任组长、主任,并历任中正理工学院副教授、中原大学、清华大学、成功大学兼任教授等。2002年公职退休后担任核能科技协进会执行长、中工会中日工程技术委员会副主委等,从事台日、两岸核能交流工作。曾获「国家莒光甲种二等奖章」、中华核学会「朱宝熙纪念奖」、日本机械学会「功绩赏」等奖项。《台日核能交流回顾与展望(日文)》总编辑。
 
台北工専化工科卒(1957)、日本东北大学工学博士(1969)、现在、台湾大学、辅仁大学兼任教授、中华核能学会(CHNS)、核能资讯中心(NIC)、台湾核能级产业発展协会(TNA)及び核能科技协进会(NuSTA)顾问。専门は原子力化学工学、核燃料サイクル、エネルギー政策、环境保全。1971~2002年行政院核能研究所务め、组长、主任、中正理工学院助教授、中原大学、清华大学、成功大学兼任教授等を歴任。2002年退职后、核能科技协进会执行长、中日工程技术研讨会副主任委员等担当、日台、両岸(台湾と中国)の原子力交流に努める。国家莒光甲种二等奖章、中华核学会朱宝熙奖、日本机械学会功绩赏等受赏。「日台原子力交流の回顾と展望」编集长。
 
石门环(せき もんかん)
 
核能资讯中心(NIC)、台湾核能级产业发展协会(TNA)及核能科技协进会(NuSTA)顾问,中华核能学会国际合作小组副召集人。国立海洋大学轮机系毕业、国立台湾科技大学硕士、1993-1995年间留学大阪大学,1985年美国MPR公司、2004年日本独立行政法人原子力安全基盘机构(JNES)研习,専业为机械工程、核能发电。1975-1984年担任台湾电力公司金山施工处、国圣施工处、核能品质处机械工程师,1984-2014年担任核能研究所、行政院原子能委员会之驻核能电厂视察员等职务。翻译或编辑多种日文核能资讯,除〈指向核能复兴之罗盘〉、〈日本ABWR(进步型沸腾水式反应炉)之经验回馈〈以外,亦担任《台日核能交流之回顾与展望》共同编辑人。2014年7月退休后,目前担任七个日文班教师。
 
核能资讯中心(NIC)、台湾核能级产业発展协会(TNA)及び核能科技协进会(NuSTA)顾问。国立海洋大学船舶机械学科卒、国立台湾科技大学修士、1993~1995年大阪大学留学、1985年米国MPR会社、2004年日本独立行政法人原子力安全基盘机构(JNES)研修。専门は机械工学、原子力。1975~1984年台湾电力金山原子力建设所、国圣原子力建设所、核能品质処、1984~2014年核能研究所、行政院原子能委员会原発驻在検査官などを歴任。日本原子力资料中国语翻訳、编集、「原子力复兴への罗针盘」、「日本ABWR(改良型沸腾水型軽水炉)の経験フィードバック」等、「日台原子力交流の回顾と展望」共同编集。

  • 序论 福岛事故后台日エネルギー政策の変换と原子力协力(第11页)
  • 第一章 原子力発电:経済の持続的発展に不可欠なエネルギー(第21页)
  • 第二章 日本のエネルギー政策と温暖化対策目标(第45页)
  • 第三章 问われる日本のエネルギー政策と民主主义(第67页)
  • 第四章 福岛原発事故の教训-安全神话から脱却と公共的対话の必要性-(第97页)
  • 第五章 防灾、安全を考える-日台は共通の课题に直面-(第133页)
  • 第六章 台湾における原子力発电の意义と现状(第139页)
  • 第七章 福岛第一事故の教训(第151页)
  • 第八章 福岛事故を踏まえた台湾电力の断然処置(第163页)
  • 第九章 龙门プロジェクト:第四原子力発电所の今(第169页)
  • 第十章 台日原子力安全协力の実绩と今后への期待(第181页)
  • 第十一章 日台原子力协力に思う今后の日本の役割(第199页)
  • 第十二章 福岛事故の冲撃を受け、台湾「核四」の运命は?(第205页)
  • 第十三章 台湾「核四」の运命-政治に摇れる原発事情-(第213页)
  • 第十四章 东日本大震灾による日本のエネルギー安全保障政策への影响(第229页)
  • 第十五章 保全学の构筑(一)-构筑の枠组みと方法论-(第261页)
  • 第十六章 保全学の构筑(二)―保全方程式と最适保全计画の数値化―(第285页)
  • 人名索引(第305页)
  • 事项索引(第311页)
  • 编集者略歴(第321页)
  • 执笔者略歴(第323页)